金曜日, 3月 30, 2007

玉川上水の桜並木


 玉川上水沿いの桜並木は 桜一本一本を見ると開花の早い遅いがあります 全体的には六〜七分咲きでしょうか。
 写真の散歩道の左側が玉川上水で この辺りは烏山分水口跡(全部で13ヶ所ある分水口の一つ)が残っています。 また 区民農園もこの手前すぐの右側にあります。
 この付近 沿道1キロ強の地域一帯は 東京23区内とは思えない自然そのままが残っていて 自然が年々消えている東京にとっては極めて貴重な場所です。

 今 東京都知事選でオリンピック誘致の問題が 選挙の最大の争点になっています。 それに比べるとローカルな小さな問題で 争点には取り上げられてはいませんが この貴重な場所に自動車専用道路を建設する計画が 静かに しかし着々と進行しています。
 地元 杉並区は反対の立場です。 その顔を立てて国と都は この玉川上水と散歩道は残して それを挟んで両側にそれぞれ2車線の上り下り別々の道路を付ける修正案を提示 建設を強行する構えです。 
 この道路が出来上がった時の情景を想い浮かべますと それは自然の荒廃であり 暗然たる気持ちになります。
 住民達の反対運動もあります(その中の一つ「野草と小鳥の宝庫 玉川上水の土の散歩道をこわさないで!」をクリックすると一例としてご参考になれます) しかし 都は土地の所有者一人一人との買収交渉を水面下で進めて 既成事実を積み上げつつあります。
 三百五十年以上の長い歴史を持つ玉川上水を見つめてきたこの桜並木の古木達も 春は桜の花のトンネルを夏は心地よい緑の木陰を いつまで残し続けてくれるのでしょうか。 

8 件のコメント:

kimama さんのコメント...

井の頭公園にも抜けられる散歩道があるようですね♪昔、三鷹に住んでたものですから・・・
貴重な都会のオアシスになっている玉川上水沿いに、自動車専用道路を作らないといけない相当な理由があるのでしょうか!?
本当に必要な生活道路と、数十年前に計画した道路の消化建設とは、きちんと分けて実行してもらいたいですね。とかく既成事実が積み重なると弱い私達ですが結果、桜も人も泣きをみるのでは取り返しがつきませんからねぇ。

ポタ さんのコメント...

こんな綺麗なサクラ並木。公害でだめになってしまうかもしれませんね。
どこに行っても新しい道路が建設されていますね。こんな所にこんな立派な道路が必要なのかと思うようなものがたくさんあります。車にとっては多少便利になるかもしれませんが、計画の遂行、予算の消化を目的に、住民や環境を全く無視して建設しているような気がします。
私の家の前にも、バイパスの一部が完成し、信号ができました。そして、うるさく、不便になりました。

M. Sasagawa さんのコメント...

kimama様:
 三鷹にお住まいでしたか、それではこの辺りの環境はよくご存知の事と思います。
 おっしゃる通りの消化建設と言わざるをえません。幅10mほどの素堀の上水は両方から自動車道路に挟まれたら、植物は消えて素堀の上水も崩れ、結局は暗渠になってしまうのでは?おもいます。

M. Sasagawa さんのコメント...

ポタ様:
 そうなんです、「道路」が必要なのではなく、「建設」が国の仕事かの様な政治の枠組みが問題でしょうね。
 こんなことを続けていたら、民も山河も無くなりますね。

モンカー さんのコメント...

茨城でも千葉でも桜が満開です。今を逃すともう散ってしまいますね。今日は100選のひとつ泉自然公園に行ってこようと思っています。
ここにはかたくりが今見ごろです。写真に撮ってきます。
千葉城の夜桜も良いものです。

M. Sasagawa さんのコメント...

モンカー様:
 おはようございます。 今日は絶好のお花見日和でしょう。何処へ行っても桜一色です。
 かたくりの群れ咲きもいいですね、お写真を楽しみにしています。

waka3 さんのコメント...

アップされた日にコメントを入れようと思いましたらアイコンが見つかりませんでした。
最近はあちらこちで「再開発」の三文字で昔ながらの景観が次々に失われていきますね。
また一方では、地方の過疎化によってこれまた昔ながらの景観も忘れ去られたように少しずつ荒廃してきております。
どの自治体も多くの借金を抱え、長期的な展望というこということよりも、目先のことだけを見据えたようなことにしか映らず寂しい話です。

M. Sasagawa さんのコメント...

waka3様:
 折角おこし頂いたのに、すみませんでした。 実はアップ時のチェックもれで、ブログをご覧になった農園仲間から「コメント欄が無いよ!」とお電話をもらって、あわてて修正した次第です。
 本当に再開発の名だけで、歴史も何も葬り去っています。東京都はお金があるので、築地の市場も追い出そうとしていますし、新橋の再開発は都心の気象までも変えてしまいました。