土曜日, 11月 26, 2005

小松菜や からし菜

 からし菜(写真左)や小松菜(写真右)など葉物の野菜は 気温が下がってくると 葉の色も良くなり 柔らかく味も良くなります。
 野菜の世話も 虫や病気をほとんど気にすることはなく  追肥をやっても 根の吸収力が低下して あまり効果もないので することがありません。
 その上に 収穫に追われることもありません。 少々採り遅れても品質的に問題が起こらないからです。
 まったく 手の掛からない作物達です。
小松菜は 胡麻油で手早く炒めて 油揚げを切って入れ フライパンが熱いうちに醤油を廻し掛けると その香ばしいかおりが合います。 また からし菜は サットお湯に通して香りを出し 鷹の爪を加えて塩漬けにし 翌日には頂いています。 
 

2 件のコメント:

つじもと あすか さんのコメント...

シンプルにして、素材をいかした調理法!新米主婦なので、ぜひ試してみようと思います。
まったく手が掛からない作物達だけど、土作りから始まる、基礎的なものができているからこそ、可能なのでしょうね。美しい野菜の写真を見て、私も父とチャレンジしてみたいと思いました。

M. Sasagawa さんのコメント...

つじもと様:
コメント有り難う御座います。採れたての野菜の美味しさは 家庭菜園の特権です。是非この特権を掴んで下さい。応援しています。