金曜日, 8月 11, 2006

白芙蓉



 早起きは苦手ですが 夏の暑い時期は 涼しい中に農園へ行くために早起きすることがあります。
 今朝は5時前に起きて外に出ると 明けやらぬ光の中で 芙蓉が真白い花を開いているのに出合いました。  しかも今年初めての白芙蓉です。
 「早起きは三文の徳」をした気分になりました。
 それから3時間ほど経って 花が完全に開き 中心の蕊もしっかりしてきたので写真に撮りました。

 この芙蓉は 道路沿いのカナメの生垣に割り込んで生えています。 このような窮屈な場所に芙蓉を植えた覚えはありません。 たぶん鳥が運んできた種が自然に生えて 大きくなったものでしょう。
 毎年今頃 カナメの生垣の間から白芙蓉の花が咲くとすぐに目に留めて 写真に撮ったりしますが 9月になってその花が「枯芙蓉」になり 更に「芙蓉の実」が着く頃には無頓着になっています。
 この芙蓉は 鳥が種を運んで来たのだから実は着く筈です。 今朝の「三文の徳」のお返しに 今年は「枯芙蓉」と「芙蓉の実」まで見届けようと思います。  

6 件のコメント:

waka3 さんのコメント...

我家の畑と境界沿いのお隣りの畑に、八重咲きの芙蓉が植えられていましたが、今年から無花果の木に変わってしまいました。
この時期になると朝は白色で、夕方にはピンク色に変化してとても綺麗でしたが、それを今年は見ることが出来ませんでした。
この芙蓉の花も色が変化していくのでしょうか?

M. Sasagawa さんのコメント...

waka3様:
呑んでいるうちに赤くなる「酔芙蓉(すいふよう)」ではありません。何時までも白い色で赤くならない「白芙蓉」です。(その点、主人とは少し違いますが)

ポタ さんのコメント...

真っ白な芙蓉綺麗ですね。腕もいいですが、やはり写真は朝早くとるのがいいですね。私は0時以前に寝たことがないので朝には弱いです。遊びに行くとき以外は5時前なんて起きたことがありません。

M. Sasagawa さんのコメント...

ポタ様:
実は芙蓉の花の撮影中に、虫が飛んで来たのですが、上手く撮れませんでした。虫の撮影はレンズもさることながら、経験が必要だと思いました。5時起きは年に何回かのことです。

temari さんのコメント...

鳥が運んだ芙蓉の花綺麗ですね♪
今年、柿の木の下にアオキが新芽を出して
いました。小鳥の贈り物かなと思いまして
育てています(笑)

M. Sasagawa さんのコメント...

temari様: コメント有り難う御座います。
鳥が運んでくれた植物は丈夫ですよね。アオキを運んでくれたのですか、いいですね。こちらでは、アオキは公害に弱いので、ほとんど姿を見ることが出来なくなりました。今や貴重な植物ですよ。