金曜日, 2月 27, 2009

キルタンサス


 小さな鉢植えのキルタンサスを頂いたのは 亡くなった植木屋さんからで かれこれ4〜5年も前のことです。
 夏の間は 貧弱な細い葉が ひょろひょろと生えているだけの キルタンサスの小さな鉢は 誰からも注目されれず 庭の隅に放置されっぱなしです。
 昨秋 冬花の準備に植木鉢を整理している時 球根がこちこちに固まった その鉢を見付け ダメもと と言う気持で 鉢を壊して引き抜き 一塊になった球根を4つほどに おお分けして 2つの鉢に植え換えました。
 しばらく経って見ると 葉の緑色が鮮やかになり 根元が赤みを帯びてきました。 そして 年の暮れには 細長い花茎が伸びて その先端に 蕾が6〜7個づつ膨らんできました。 たまたま いい時期に 植えっぱなしだったキルタンサスの球根を 植え換えしたことになりました。
 花の蕾を見てからは 鉢を 陽の当たる軒下に入れたり 土が乾くと水遣りをしたりと こまめに面倒を見るようになりました。
 2月に入ると ぽつぽつ花が咲き出しました よく見ると 6枚の花弁が少し反り返っている様子や 薄いピンク色の柔らかな質感の花は 冬に咲く花としてはちょっと異色に見えます。

 ものごとの流れとは不思議なものです。 
 先日 お呼びした友達が 手土産に クリーム色かかった花の咲いたキルタンサス一鉢を 持って来て下さいました。
 右に掲載した写真が そのクリーム色かかったキルタンサスです。
 思いがけず 今年の冬の庭には 3鉢ものキルタンサスが競い合って花を咲かせるのを 楽しめることになりました。

 キルタンサスはヒガンバナ科の花です。
 秋の彼岸に咲き出す あの曼珠沙華と同じ種とは 一見 不思議に思いましたが よく見ると 長い花柄の先に 傘の骨の様に5〜8本の花が着いています。
 もっとも 曼珠沙華は傘をひっくり返した時の骨の様に 花が行儀よく揃って咲いているので 纏まって一つの花に見えますが キルタンサスは 傘に例えると 壊れ傘の骨の様に 偏って ダランと垂れ下がって咲いているので 全く異種の花に見えます。

10 件のコメント:

waka3 さんのコメント...

キルタンサスはヒガンバナ科の花ということのようですが耐寒性の冬咲の品種なんですね。

我家の庭先でも同じヒガンバナ科ですがキルタンサスとは同属ではありませんが、名前が良く似たゼフィランサスの葉がぐんぐん伸び始めてきました。
もっともこの花の開花時期はまだまだ当分先のことになります。

M. Sasagawa さんのコメント...

waka3 さん こんばんわ。
 そうですね このキルタンサスは耐寒性があります、しかし 霜には当てないほうがよいと言われています。

 ゼフィランサスにもいろんな花が有る様ですが、うちの近くにも 金網フェンスの裾に 春 もう少し経って 真っ白い花を咲かせるのがあります、 群生がきれいです。

 今日の東京は雪が降り、庭のタマリュウの一画は雪が融けないで、初積雪になりました。 明日は 6日ぶりに太陽の顔が見えると、当てにならない予報が出ています。当てにしたいと思います。

ポタ さんのコメント...

冬野菜も順調にとれていますね。
植木屋さんのキルタンサスがピンクのキルタンサスを呼んだのでしょうか。そんなにありふれた花でもないので、不思議な気がしました。
我が家では、いただいた何種類かの水仙がプランターで咲き始めました。しばらく楽しめそうです。
コメントも禄に入れられず、申し訳ありません。夏頃まではこの調子だと思います。

リラ さんのコメント...

キルタンサスって、初めて聞きました。
綺麗な花ですね。
菜園ブログさんは珍しい花をたくさん知っているのですね。
それにしても、ホントに良い時に植え替えをして、花も喜んだでしょうね。
綺麗な花を見せていただいてありがとうございました。

M. Sasagawa さんのコメント...

ポタさんに 「そんなにありふれた花でない」と言われると、クリーム色のキルタンサスを 手土産に持って来て下さった友達の お気持ちが偲ばれます。

M. Sasagawa さんのコメント...

リラさん こんばんわ。
 今頃咲く花にしては可愛くていいですよね。
 ご覧頂いて良かったです。

 薬の名前は不思議に憶えますが、人の名前と花の名前はなかなか憶えませんで、苦労しています。

 これからは、三年に一度は、秋に球根をばらして植え替えてやらねばなりません。

kimama さんのコメント...

キルタンサスというのですか。初めて見ましたが優しい色合いですね。寒い時期にはホント珍しい感じです。
球根からの面倒見のよさに愛情をかけると、違うものだわ~と頷くばかりです。キルタンサスと御友人とのお話は、まさに類は類を呼ぶという感じがいたしました。

M. Sasagawa さんのコメント...

kimama さん ちょっと変わった 面白い花ですよね。

 こう言う 絡み合いの様なのを 縁 と言うのでしょうか?偶然!とは片付けられないところに、人間の面白さがあるのかも知れませんね。

モンカー さんのコメント...

綺麗な花が咲き誇る季節がやってきましたね。今日は暖かいですね。さて畑で作業が出来るようになってきました。
定年の有休消化で10日までで休め、16日からイタリアに行ってきます。
美味しいイタリー料理を食べてきます。本を読んで事前勉強中ですがさて何に驚いてきますか・・・
5月から再就職で東京に行きますがそれまで心をリフレッシュしようと思っています。

M. Sasagawa さんのコメント...

モンカーさん 今朝は久し振りの青空が まばゆく広がりました。
 長い間のお勤めご苦労様でした、イタリア旅行はリラックスした気分で、存分に骨休めして来て下さい。 

 もう スケジュール等 お決めになっていることと思いますが、私が先年 行った時はボローニャに4日、ラベンナに2日 じっくりと庶民の生活を見て来ました。
 それまでは、出張旅行の様な旅ばかりでしたので、その旅行でイタリアについて、新しい目が開けた気がしました。
 イタリア人の芯は真面目で キチットした生活を、覗いて見て 来て下さい。