日曜日, 9月 17, 2006

農園の花々


 秋晴れは束の間 今朝は厚い雲が垂れこみ 午後から雨が降り出しました。
 午前中は休日とあって大勢の人が農園に出て来て 降り出す前にと あわただしく動き回っていました。

 農園空地の草叢は ついこの間まで夏草が我物顔に茂っていましたが よくよく見ると自生の植物が思い思いの花を着けているのを見つけることが出来ます。
 自生のシソは白い小さな花を着け カクトラノオ(角虎の尾)は名前とは似つかない愛らしいピンク色の花を着け 俗称メドゥセイジもはっきりした青紫色の花を着けています。  
 秋の彼岸が近づいて 此れ等のシソ科に加えてキク科の花も見られるようになってきました。
 先のブログに写真を掲載しましたコンギクから少し離れた所に 農園ではクジャクギクと呼んでいるキク科の花が 直径2~3センチ程の小さい花をちらほら着けているのを発見して 写真に撮りました。 このクジャクギクは 写真でも見られるように蕾がいっぱい着いています 満開になって花いっぱいに包まれた絢爛たる姿を想うと 今から楽しみです。

6 件のコメント:

HISA さんのコメント...

今日は敬老の日、そしてすぐ秋の彼岸ですね。どんどん秋が深まってきます。孔雀草は私の好きな花です。お宅の農園では自生しているのですか?満開になったら素敵ですよ。楽しみですね。

M. Sasagawa さんのコメント...

hisa様:
 農園の空地には主として雑草が生えていますが、不用になった鉢植の花等を持って来て差していく人がいます。その花が雑草の間のあちこちで咲きます。この孔雀草もその類いだと思います。最近も農園の入口近くに素晴らしい大輪のダリアが咲いていましたが、何時の間にか誰かが切り取ったのでしょう、次の蕾が開くのを待っています。

ポタ さんのコメント...

キク科の花はいいですね。

畦に咲くヨメナや野原に咲く、ノコンギクなども好きです。

M. Sasagawa さんのコメント...

ポタ様:
キクはやはり秋の花の王様ですね。うちの農園にもキクの花に凝っている方が沢山おられて、極端な方は自分の区画全部をキク園にされています。いずれ農園のキクの花々を写真に掲載するつもりです。

waka3 さんのコメント...

台風の影響はまったくなく日本海に抜けていきましたが、九州地方にはまたまたその爪あとを残していったようですね。
こちらでもあちらこちらで秋の草花が目立つようになってきました。
彼岸花も咲き始めましたが、もうすぐ彼岸なんですよね。

M. Sasagawa さんのコメント...

waka3様:
こちらも台風は大したことも無く過ぎました、今朝は快晴です。 彼岸花も今日開花しました、雨も上がったので白菜の定植をします。