金曜日, 7月 01, 2005

野菜の生育が早くなった


真夏日が続くと 胡瓜やズッキーニ等の瓜科の野菜は特に生育が早くなり 開花後1週間もすると バケモノのようになる。
 胡瓜は この時期は連日 1株当り 4~5本も採れるようになる。 朝晩 2回収穫に出向いたほうが 形の揃った実が採れるし 株に対する負担も軽く ベターだ。
 ズッキーニは 次々と雌花が開花してくるので 早朝の受粉が欠かせない作業となる。 梅雨時は雨に濡れて 花粉が流去らないように雨除けをする必要がある。今年は栽培本数が1本だけなので コンビニで500円の透明ビニール傘を買ってきて差しかけた これは簡単に取り付けられて 取り付けた後の作業性も良好で 成功であった。 (傘を差したズッキーニの写真 添付 )
 トマトは10段目が開花する時期で 先端の芯止めに入った。

1 件のコメント:

michihiko さんのコメント...

ズッキーニは毎朝の受粉作業が大変ですね。また、市販のビニール傘を利用して雨除けをするとは“コロンブスの卵”的な良いアイディアですね。