日曜日, 7月 03, 2005

バジルペーストを作る


バジルペースト(ペスト・ジェノベーゼ)はパスタ料理や 野菜とりわけジャガイモや空豆とよく和う。 また そのまま食パンに塗っても美味しいので 毎年 バジルが収穫出来る時期に 作り貯めしている。
 今年は 4月の中旬に3つのポットに種播きして 5月の10日頃に定植したバジルが写真の通り 鮮やかな色と 独特の香りを発するまでに成長した。 花芽も出だしたので一回目の摘み取りをした。 シソ科のバジルは摘んだ下の葉脇から新しい芽が伸びて また柔らかい新葉が摘み取れる。 秋口まで4~5回は 柔らかい葉を摘み取って ペーストが作れる。
 摘んで帰ったバジルは 葉だけをむしり取って フードプロセッサーで にんにく・松の実・塩と香りの良いオリーブオイルを加えペースト状にして 最後にチーズ(パルミジャーノ レッジャーノをオロシて粉にする)をサット混ぜて仕上げる。 
 すぐに使わない時は チーズを加える前のペーストの状態で 保存ビンに入れ(空気に触れると黒くなるので) 表面にオリーブオイルの膜を張って 冷蔵庫で保存する。 そして 食べるときに 香りのよいオロシたてのチーズを加えると 作りたての味になる。
 さらに 長期保存する時は チーズを加える前のペーストを 製氷皿に入れて冷凍しておく。 使う時に ひとかけづつ必要量を取り出して解凍し チーズを加えて混ぜればできる 作りたての新鮮さはないが 何時でも使えて便利である。 

1 件のコメント:

michihiko さんのコメント...

手間は掛かっても自家製のバジルペーストは市販品とは比べ物にならない味になりますね。今度は詳しい作り方等(レシピ)をblogに載せて頂けることを期待致します。