水曜日, 5月 10, 2006

トマト・胡瓜の脇芽欠き


 深大寺植物園で買ってきた 淡いノーブルな香のするバラです。
 挿木で増やして 鉢植えにしたバラが咲き始めました。 朝から霧雨が降って しっとりと湿ったバラの風情を写真に撮りました。

 まる三日 農園にはご無沙汰の間に どの作物もひとまわり大きくなり しっかりしてきました。
とりわけ トマトと胡瓜は一段階上になり 花芽や脇芽を旺盛に出して大人っつぽくなりました。
 霧雨が上がったのを見極めて トマトと胡瓜の脇芽欠きをしました。
 トマトは1本仕立で 脇芽は小さい内に全部指で欠き取り 特に花房の下の脇芽は元気で成長がが早いので 早い時期に欠き取っています。

 私は一般のマニュアルとは違って 胡瓜は3本仕立にしています。
株元の第2節から第4節ぐらいの間に出てくる 勢いの良い脇芽2本を伸ばして 元の蔓と合わせて 1株に付き3本の蔓を親蔓として伸ばしていく3本仕立です。
 胡瓜(タキイの「夏すずみ」)は本葉1枚目(第1節)の脇から花芽が付きますが 株がシッカリして本葉が5~6枚目になる迄の 全ての花芽と 上記の2本の脇芽以外の脇芽も 惜しみなく小さいうちに欠き取っています。 株の初期成長の間は花に養分が取られないようにしています。
 これから 1株について3本の親蔓を伸ばして行きますが その場合の実の付け方や 整枝の仕方はどうしているか? につきましてはその段階で記載のこととします。 

11 件のコメント:

オリーブ さんのコメント...

こんにちは。
なんともいえない素敵なバラの色ですね。
前後につぼみも見えるので
まだこれからも楽しめますね。
淡いノーブルな香りが
ここまで漂ってきそうです。

M. Sasagawa さんのコメント...

オリーブ様:
コメント有難う御座います。 自然の色や香はちょっと真似の出来ないものですね。

M. Sasagawa さんのコメント...
このコメントはブログの管理者によって削除されました。
HISA さんのコメント...

うちも薔薇が咲き出しました。なんだかウキウキします。深大寺植物園の薔薇を東京に住んでいる時よく観にいきました。帰りにお蕎麦を食べるのが子供達の楽しみのようでした。とてもなつかしいです。このところの雨で畑にいけず雑草が我が物顔で伸びていることでしょう。

M. Sasagawa さんのコメント...

hisa様: 深大寺植物園には農園の仲間と自転車で行きます。そして温泉に入って、深大寺蕎麦を食べ、飲酒運転にならない程度にビールを飲みながらの自慢話が楽しみです。

たけお さんのコメント...

キュウリの3本仕立て、いいですね。

飛び節系の品種は摘心して側枝で収穫しますが…。でも、収穫時期を急がなければ、そして手間があれば、節なり系のキュウリでもこのような栽培法はあってもいいですね。

いろいろ実験されて楽しんでますね。私は、挿し芽した側枝から栽培したことがありますが、挿し芽さえ成功すれば、あとはうまくいきます。

M. Sasagawa さんのコメント...

たけお様:コメント有難う御座います。胡瓜の脇芽を挿したことはありませんでした。トマトは欠き忘れて大きくなった脇芽を挿して、秋にいいトマトを収穫したことはありましたが。

ロンまま さんのコメント...

エレガントな薔薇の花 素敵ですね♪
深大寺植物園は主人との初デートでした!

トマト 胡瓜脇芽欠きは初めて知りました。
参考にさせて頂きたいと思いますm(__)m

M. Sasagawa さんのコメント...

ロンまま様:
深大寺植物園のバラ園はいろんなバラが咲いていて、想い出の場所には最高ですね。

くり さんのコメント...

こんばんわ。はしり梅雨の話始めて知りましたクレマチスの花は今頃咲くのですね。いつも綺麗な写真と知識を有難う。これからも楽しみに待っています。

M. Sasagawa さんのコメント...

くりさん:
コメント有難う御座いました。綺麗な写真と面白い記事をブログにしたいと思っています。これからも、是非コメント下さい。