土曜日, 3月 25, 2006

紅白の椿


 一本の椿に 紅白二種類の花が並んで咲きました。
 白い大輪の花を付ける椿を穂木として 丈夫な藪椿の台木に接木した椿です。
 始めのうちは白い椿の木だと思っていましたが 丈夫な藪椿の台木からも芽が出て 枝に成長し やがて紅い藪椿の花が咲く様になって接木であることを知りました。

 開花の時期は 藪椿の方が半月ほど早く すれ違いがあります。 また 咲く場所も大輪の白い花は枝の先の方に咲き 紅い花は下の茂みの所に咲くので 紅白が同時に並んで咲くことは珍しいことです。 たまたま偶然のチャンスを見つけ 記念写真を撮りました。
 接木の常識では 台木の方の花が咲き 穂木の花と競い合うなどは邪道で ハッキリ言って管理の不行届きです。 横着な管理人は「紅白の目出度い椿」として 現状を追認しています。

2 件のコメント:

HISA さんのコメント...

おはようございます!
うちの6種類の椿も咲き揃いました。お庭が賑やかになってきて嬉しい気分です。以前沈丁花の一本の木にピンクと白の花が咲いていましたが、これも接木が原因でしょうか。枯れてしまったのでいずれにしても管理不行き届きそのものなんでしょうね。でもよい香りで長年楽しませてもらいましたよ。

M. Sasagawa さんのコメント...

こんにちわ。沈丁花は根が少ないので、管理をキチットされていても枯れやすい庭木のようです。 新宿御苑か?で 直径5メートルもある一本成りのを見た覚えはありますが。